「ティップラン・エギングには、どのような道具が必要なのですか?詳しく教えてください。」というお問い合わせがよくあります。

 

ティップラン・エギングに限らず、釣り道具というものは年々進化していて、それぞれの釣り方に特化したものが多くあります。
それを使う人の技量や金銭面に応じて、さらに様々な仕様の道具があります。
ですから詳しくお話をすると、かえってわからなくなってしまいます。(^_^;)

 

ですので、基本的な道具の選び方をご紹介いたします。
絶対ではありませんので、あくまで参考までにお願いいたします。<(_ _)>

 

まずは、竿です。
竿はティップラン・エギング専用の竿でないといけません。
ティップラン・エギング専用竿で、MAX重量の軽いものがよいでしょう。

例外として、穂先がソリッドで先調子の竿なら使えます。
ティップラン専用竿でも、穂先がソリッドでないものもありますので、ご注意を。

 

リール。
そこそこ以上のリールを買いましょう。
安いリールのドラグ性能では、11月からの厳しいアオリイカに対処できません。

 

PEライン。
オフショアでは0.6号以下でお願いいたします。
できれば0.4、0.5号が良いです。

 

リーダー。
個人的には、高切れを防ぐためにPEより少し弱いリーダーを使う事が多いです。
ですが、エギが藻に掛かった場合は、エギの回収率が悪くなる欠点もあります。
ですので、これはお好みでよいと考えています。

 

エギに関しては、こちらをご参照にお願いいたします。

 

しかしながら、道具に関しては釣具屋さんで聞くのが、やはり一番だと思います。
その際は、必ずご予算をお決めの上、ご相談ください。
予算もなにもわからないという方は、まずは船でレンタルされるのがよいでしょう。(^.^)